スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
書いて覚えよう
tx4



















2年前 インドに住み始めたころ買ってみた「書き取りの本」。

あの頃は何が書いてあるのかサッパリだったけど、
今開いてみると、ちょっとずつ読めるようになっていて嬉しい♪



しかし、意味は分からない。
だから調べてみる。
すると、言葉のセレクションが凄い…


では一緒に覚えてみましょう~斜め目線で。


tx1


















小学校低学年対象の書き取り本。この可愛らしい表紙を開けると…



tx2


















しょっぱなからカタギとは思えない言葉の登場です。

ヒンディ語の読み方と意味を見て妄想してみましょう。



★フッカー(水タバコ)に興ずる 相*翔

★ムッカー(拳骨)炸裂の 竹*力

★パッカー(熟れた)極妻 か*せ梨乃


こんな感じで時折ハッとさせられる羅列に遭遇します。
(多すぎるので省略)


内容は変わって、次。

tx3















”ガンディさんは 私達の 国父です。”

これは素晴しい書き取り例文ですね。
インドキッズは こうして書き覚え
愛国心を刻み込んでいくのでしょう。。。


日本にはこんな風に例文になるようなリーダーはいたかしら…?
北朝鮮やSGIだったらスムーズに応用できそうですね。


既出ですが、

こんなのとか、 (ジャガル:言い争い)

tx5



















こんなのとか… (カタマル:南京虫)

tx6





















バラエティに富んだセレクションですが

これを使う機会が頻繁に訪れないことを
祈るばかりです。

スポンサーサイト
2011/10/20(Thu) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by: 職務経歴書の例文 * 2011/10/20 15:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/141-4561609f
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。