スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インドの物産展





001



















プラガティマダンの展示会場で開催中のイベントに行ってきました。


IITF 2011 (INDIA INTERNATIONAL TRADE FAIR) 2011
~27日まで。9:30-19:30(entry:17:00)


インド各州から手工芸品が集結したビッグイベントです。

日本で言うところの"大物産展"なのですが
規模は○○博レベル。
リッパなパビリオンがゴンゴン建っております。

普段衣料の展示会で常設エリアしか足を運ばなかったので
こんなに広かったっけ~と唖然としてしまいました。


会場の構成はこんな感じ


map



















私が会場に付いたのは3時過ぎ、日暮れ頃(6時過ぎ)に退場。
入場料の高い(Rs.400)ビジネスデーで来客率は低かったようですが、
それでもけっこう人の入りも多く、会場が半端ない広さでグッタリでした。

週末の人ごみを想像すると…平日でよかったかも。



どんなパビリオンがあるのかというと


003


004


008



















本気で建てちゃったものばかり…とにかく'ガワ'は凄い。
(そんなのに限って中はショボかったり;)


005


006



















ベンガル虎で有名な西ベンガル館は
サファリパークの様な外観。
山岳エリアナガランドもジャングル化してます。


館内は撮影しちゃいかんのかな…な空気だったので
見ること買うことに徹しましたが

なんだか大きさ勝負なものとか


011


009


















素朴(=やる気ない)けど、
物作りに興味ある人にはたまらん展示とか


010



















どの館もほぼ共通してるのが

入場
→オラが州の物産のプレゼン(ブースやパネル、やる気のない職人によるパフォーマンス)
→物産販売コーナーを通り
→再びプレゼン(デカい州や物産豊かな州等、特に巨大工場製品の紹介)
→念押しの物産販売コーナー


で、全てを通らないと外に出れない…なところが多いです。
そして気がつくと、手提げ袋が増えているインド人が多かったりするんです。
私もそのうちの一人ですが…

後ろ髪惹かれるハンディクラフト製品がいっぱいあったのですが、
アッサム州の館内で食品を買い込みました 


assam


















アッサム州エンポリアムのグリーンティ
1stフロアにあったチョコレート屋のチョコ
地上階の食材屋では 筍のマサラ漬、サータアンダギー風揚げ菓子 GET。

早速全て試しましたが、どれもお値段以上だったと思います!
筍のピクルスは優れもの!呑み助のアテにもってこいですよ~奥さん☆

ここのお店のお母ちゃんの息子さんは 嫁が日本人とのことで
私が日本人と分かった途端、無条件に値引きしてくれました~♪

店の名前失念ですが;
地上階(もしくは1階?)でこの筍のパッケージに出会えると思います。
他にももち米やスティッキーライスもあって魅力的でした。


ということで、ここは当たり障りのない話題で終了。


個人的には突っ込みどころ満載なイベントだったと感じてます。
その話の続きは別ページにて。


ナマステ☆


スポンサーサイト
2011/11/17(Thu) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/148-2586e434
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。