スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
AIめ…マジ潰れてしまえあんな会社。






ai




















本日予定していた一年ぶりの帰国が
このクソエアラインの為に延ばされた… チクショー!(泣)

インドを誇る残念な国営航空会社エアインディア(以後AI)。
どーしょもないストライキを起こし続け、私の便ももれなくキャンセルになりました。


ストライキと会社のダメっぷりはこのサイトにて。↓↓↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000502-fsi-bus_all&1337588947



GW終わり頃から、AIのご乱心を風の噂で聞きはじめ
航空会社を自腹で切替だの、予定通り乗れないというニュースが浮上。

先週末あたりには、周りのインド人も噂するようになり
AI腐ってるなと笑い飛ばしていたのだが…

日曜の夜
政府がAI側のストを違法と判断した直後に大打撃が。




同日の夜中にAIからSMSが届き

「あなたの便はキャンセルになったのでヨロシク」。。

ちょっと待て。


翌朝、SMSにあった問合せ先に電話、4~5部門たらい回しにされ
やれ空港に行って交渉しろだの
オフィス行けだの
統一感まるでナシ


友人が教えてくれたAIのサイトには
キャンセルされた便がスクロールしてもしても足りない位に羅列している…

同じくキャンセルの洗礼をうけた友人と共に
オフィスに乗り込むことにした。



AIオフィスは8:30辺りからノラリクラリと対応が始まるのだが
クレーマーも多かろうと思い8:00頃到着したら以外にも一番乗り

結局それで良かったんだけどね、
(8:30から交渉スタートして、私と友人の対応はたっぷり1時間かかってた)

苦情の対応が多いと思われるAI。
朝一のさわやかなスタートを陣取って
クールダウンを心がけながら交渉出来るのはお互いに良かったと思う。



【今回のネゴのまとめ】


・タイ航空との提携はしているようなので
 デリー・バンコク・日本の空港(成田か大阪)のアレンジは以外とスムーズ。
 荷物の対応も一応してくれる様子

・JALは提携してないので取り合ってもくれない

・日程やルートが変わる事によって発生する滞在費・交通費等は一切お詫びされない。
 もちろん、自分で勝手に他社に乗り換えたら漏れなく自腹ですよ~。

・一応、太鼓判付き(この言葉自体胡散臭)のフライトに変更したものの
 もしこの便もキャンセルになる場合は、直接空港カウンターに苦情申し立てれば
 その場で当日の他の便にアレンジしますとのこと

・うっかりしてると、日程を変えたことによる手数料を取ろうとするので要注意!
 オメェ等のせいでコッチは渋々変更してやってんだヨっと強気に乗り切ること。

・マネージャーにも直談判したが、なにもミラクルは起こりません。
 心無い言葉だけのアポロジャイズを言うだけ。マジ言うだけ番長。
 それでもマネージャーに喧嘩売りたい場合は9:30頃ご出勤のご様子。

・今の時期、暑いせいかクレーマーが少ない!
 季節の良い時期は、9時頃到着の時点で整理番号は20~50番位。
 一人にかかる時間は20分以上…スタッフ一人が一時間で3人位しか対応できない。
 仕事はルーズな割に、ティータイムとランチはオンタイムなスタッフ陣。


【ついでに余計な情報も】

・整理券持ってても、番号すっ飛ばされることがしばしばあるのでご注意を。

・待ち時間が長いと、ACの寒さと冬の時期は底冷えで凍えちゃうので
 上着なんぞを持っていくことをおすすめします。暇つぶしグッズもね。

・待たされて客がゴネ始め、声を荒げるマダム・野次るオヤジが発生するので
 スタッフの態度もだんだん精度が下がってくる。
 朝一にお互いスッキリサワヤカに交渉すると、結構スムーズに事が進みますよ~♪

・とにかく「出来る事」を聞き、シンプルに交渉してチャッチャと終わりましょう。
 出来ないことへの言い訳は非常に長く、無駄な労力を使うだけ。
 ゴネてうまく行くことの可能性が低い会社ですので。


とまぁ、こんなカンジ。要は「クソ」である。

はなっからAIには大きな期待や信用なんてないし、
こういうリスクありきで悪魔の契約状態でチケットを買っている訳ですから
大喧嘩もせず、無事にフライトを切り替えられたので良しとする。

お詫びのホテルや交通費なんて高等なサービスの要求する時間と労力が無駄である。
「ひとりを許可したら何百人にも同じ事許可しなきゃいけないでしょ?」
とマネージャーが堂々とギャグに等しい言い訳をのたまわる会社ですから。。。


・予想外のおまけの出来事

当初、軽い助っ人として同行してくれた 元欧米航空会社勤務さんが
被害者である我々を遥かに上回るキレっぷりで
マネージャーに大クレームした挙句、
この一部始終をインドの有力者やお友達のパキスタン航空にCcするという
とんでもない暴れん坊ぶりでちょっと苦笑いでした。

「クールダウン意識してネゴるんだぞ」って言ってたアナタは何処行っちゃったんでしょうね~。


これでパキの空港会社の質が向上したら笑っちゃうけどねw



スポンサーサイト
2012/05/22(Tue) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/181-63287837
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。