スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インドで品質を上げるお仕事





日本はセールシーズンから秋の新商品の入荷に
移り変わっている頃だと思います。

インドでは、日本への秋物出荷が続いております。

karo*karoのインドでのお仕事の一つで
とあるエスニックショップの
出荷前の品質チェックを行っています。

日本のお客様が新商品で笑顔になるように
そして、酷暑の中、商品を作り続けた職人さん達の
お仕事が無駄にならないように…(ここが重要☆)



皆さんが何気なく手に取る一枚のお洋服には
約20人~50人、時にはそれ以上の職人さんがかかわり、
2カ月~半年にわたって物作りがされています。

例えば
サンプル作り&チェック、
布を織る・染める・刺繍等の装飾、

kw1



















加工された布を運ぶ(画像の通り色々な手段でw)

kw3



















服作り(室内気温50度近くなる工場には、扇風機と開け放った窓のみ)

kw4



















仕上げ

kw5



















検品・梱包、

kw6


kw7



















それらを飛行機や船で運びます。ここまでがインドでの物作り。


これら全般のお仕事は、
巨大工場~村の家庭単位と様々な規模の人が関ります。
個々のレベルや地域の状況はバラバラ。

モノが完成するまでの間は
どこでどんな「問題」が起こるかわかりません。
更にはこの国、人間がコントロールできない事が非常に多いです。


こんなのとかね。(特に今の時期)
kw8





















ひとつのお洋服にかかわった
人・時間・場所
インド事情(天気/家族/政治/宗教/習慣/農業/地域 etc...)

これを全て掛け合わせた 遠くなるような数字が
インド商品の「不良品の可能性」を秘めた
「問題」の数々なんですね。恐ろしや…



私がエスニック系のお洋服や雑貨のデザイナーとして
インドの人達と物作りを始めて十数年経ちますが、
この問題は未だに、そして今後もにゼロにはなりません。

この問題、気を付ければ解決できることも沢山あって
インド商品の品質はゆっくり良くなってきています。

だけど、それは現地に滞在して、まずインド事情を体験して
現場に立ち会い、常に工場にはりついて、初めて良くなる事が多い。
私がインドに住み始めた大きな目的の一つです。



成果としてはとても見えにくいお仕事ですが、
現場の人との共同作業で得た「信頼」や「チームワーク」は
得がたい財産であり、太く長い関係が増えるのが嬉しいです。

そして同じ工場で物作りしている
karokaroの商品の質も良くなれば
私も職人さんもお客様もみんな笑顔!いいじゃないですか♪


さてさて、本日も出荷前の攻防戦で
一汗かいてきますよ~!
ひとつでも多くの商品が日本で活躍しますように☆

その前に雨が止みますように~っ(>人<)


スポンサーサイト
2012/09/04(Tue) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/187-b039f7af
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。