スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
副は内!





kitayama2





























2月3日は節分…という習慣を
ここ3-4年 インドでの生活でスルーしておりましたが、
今回は、日本で久々にこの日をむかえました。

"鬼は外~!" と豆を投げることはしなかったものの

一日振り返ると、今日は色んな豆を摂取してました。

・朝食のパンは豆パン
・食後のコーヒー
・夜ごはんで節分豆をサービスでいただき
・冷蔵庫の整理中に、期限切れまじかの納豆を食べる

その中の【食後のコーヒー】のお話。

入谷に「北山珈琲店」という有名な珈琲屋さんがあるのですが
珈琲へのこだわりがとにかく凄い
※詳しくは店名でネット検索すればどんだけ凄いか分かります。

お店に近づくと珈琲の香ばしい香りが漂ってきます。

kitayama1









店内では、撮影/携帯/打合せをはじめ、怒涛の禁止事項。
とにかく珈琲をひたすら楽しむため。

15年寝かせたという珈琲豆を時間をかけてドリップ。
一杯2000-3000円といういまだかつてない価格…
しかし 飲む価値はある、40年続く珈琲バカ一代(失礼)。

同じ味を再現できないと思いますが
インドでの珈琲タイム用に挽き豆を購入しました。
南インド珈琲と飲み比べして楽しもうと思います。

kitayama3









鬼という名の "インドでのトラブルや問題”を
追い払うことはできませんが
せめて豆食材を摂取して、少しでも多くの福を呼び込みたい!

そんな願掛けも込めて
里帰り中に気に入った珈琲豆と一緒に、インド生活に再び戻る予定です。
スポンサーサイト
2013/02/04(Mon) | BLOG | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/198-42d948f9
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。