スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウィンドーACの設置





ac0






















エイプリルフールの日にまんまと放置されたエアコンと私。
この時期 A/C業務により巷で超モテ期のデンキ屋のオヤジが
大家と大工と共に朝の8:30に設置にやってきました

今回、初めてウィンドーA/Cっつーヤツを入れる事に。
窓枠にエアコンはめ込むタイプ

これがまた面倒な事に
日本のように施工兼調節ができる人がいないもんで
電気屋・大工・荷物持ち上げ助っ人を手配しないといけない

フルメンバーが日中揃わんということで
朝っぱらから頑張ってもらいましたよ

本体の重さ、何と1.5トン
重い程、パワーがあって部屋が冷えやすいそうだ。

ac6





















大家さん、御満悦に
「君は日本人だからな、HITACHIの一番ヘビーなのを選んだぞ!
 30分もあれば、毛布無しには部屋にいられないと電気屋が言ってたぞっ」

え~、ボロッボロのレンタルHITACHIのA/C付けて2時間経過ナウですが
ガンガン半袖半ズボンな感じです。

兎に角、1.5トンの重機をどのように持ち上げてキープするのか
ヒジョーに興味津々(てか心配)だったので、カメラ構えて立ち会いました。


さて 【HOW TO 設置】

①まず、エアコンの「ガワ」のサイズを測る
 ※四角い箱の中にエアコンの機械が入っている
ac2





















②はめ込む窓枠のサイズをA/Cに合わせて大工作業
(枠を削るか、木材を継ぎ足す…等)
ac1





















③エアコンのガワを窓枠にはめて固定
 ※このバランスが凄く肝
ac3


ac4


ac5





















目の前に大工がいるのに、電気屋のオヤジが建具に枠を取り付けてる…
頑張れば電気屋が施工全般できるんじゃねーの?
 というツッコミは心の中にしまっておきます

④メインイベント 本体を枠に投入

ac7


ac8






















脚立に2人、一人が後方からヨイショー!!
腕のプルプルが凄いよ 1.5t!!
せっかく持ちあげたのに、枠の取り付けが悪くて収まらず 1.5tを下ろしーの、
大工が再度枠の調整をして、再度ヨイショーッ!!

やっぱり大工は必要で、電気屋が大工やっちゃいかんを目の当たりに。。。


⑤スタビライザー(変圧器?)とA/Cを繋いでコンセントに設置

ac10





















☆ 完 成 で す !! ☆

ac11


































父さん兄ちゃんお疲れ様でした(施工正味1時間半)

1.5tは華奢なドアの枠に支えられ、
本体の8割が野外に飛び出した状態で引っかかっているという感じでしょうか。

お供で付いてきたリモコンは
本体に5cmくらい近づけてやっと反応するという強気な仕事っぷりです
さすが日本の誇りHITACHI

最後に、フィルターは2週間に1回ペースでお掃除しないと目詰まりするとの事
さすが大気汚染世界一を誇るINDIA

どうか、酷暑にエアコン壊れるような事がありませんように。









スポンサーサイト
2013/04/09(Tue) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/208-2c0e8d59
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。