スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
古い下駄の化粧直し





下駄のストックをガサゴソやってたら
「昔の下駄」が3足程でてきたので
鼻緒を変えてお化粧直しすることにしました

一度も履くこともなく20-30年以上は経っている
古いけど新しい下駄達

keshou1_befor

keshou1_after






















台の天板には時代を経たシミなどがポツポツ
鼻緒はほぼ新品…見た目はね。これがクセ者

keshou0






















一見新品の鼻緒、静かに風化していました
革の鼻緒に触れた途端に 塗装や組織がボロボロと破損、
本天と呼ばれる絹のベロアも ボロボロと脱毛状態

外側だけではありません
昔の鼻緒の内部には麻紐が使われていたのですが、
それもまた弱くなっていて ちょっと引っ張っただけで
ブチブチ切れてしまいました

多分、試し履きの時点で壊れてしまうと思います

keshou4_befor

keshou4_after























しかし、昔の下駄の台は 一枚板から作られていて贅沢だし
雨下駄も写真のような巧みな作りでで歯が細いものは
技術ある職人さんが激減で、もうお目にかかれません
今では容易に作れない素晴しい仕上げが最高のポイントです

多少シミや汚れがあっても
履いてしまえばわからないでしょう
カワイイ鼻緒に取り替えました

keshou3_befor

keshou3_after























こちらの3点は 6/19~28に
根津神社の向かいにある アンティーク着物 きなこで販売予定です。

※皆さんのおうちに眠っている下駄も
同じ様に何十年もたったものは、鼻緒が風化してる恐れがあります。
鼻緒を変えれば蘇る下駄もあるので、捨てるのはちょっと待って!
下駄屋さんやkarokaroまでご相談くださいね。


スポンサーサイト
2013/06/08(Sat) | 足まわり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/223-7e69c2eb
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。