スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
梅雨に着る夏着物コーデ





台風が生まれては消え、そしてまた発生!
梅雨なので当然の事なのですが…

インドもモンスーンが始まったそうで
これから9月頃まで雨と共に過ごす日々になります


雨や曇りの多い季節の着物ってどんなものを
選んだらいいんだろう…
と、最近考えたコーディネートがコレです

yukata20136a1






























配色は 
白・ベージュ・ブラウンの茶系グラデーションです。

肌触りの良いインド綿に
グレーとベージュ系配色のブロックプリントの夏着物、

yukata20136d1






















帯は半幅帯、片面は無地の麻布で もう片方は縞柄のインド綿

大胆だけど配色がシックで爽やかに見える大柄着物に
縞と無地の帯で締りがきいて、柄同士でもメリハリがあります。

yukata20136c1






















下駄はヒールの高めのぽっくり風で水たまり対策を。

yukata20136h1






















帯に麻の生地を使っているので、足元は麻の葉柄の鼻緒で。

yukata20136i1























このコーディネートのポイントは
雨季の時期に気になる水たまりや泥のはね汚れが
とーってもめだたない配色なんですね~!

着物も帯も上部なインド綿なので、ネットにくるんで洗濯機で洗えます。

梅雨時の着物って、合羽で蒸れたり傘が面倒だったり
ちょっとおっくうになる要素が多いのですが
多少濡れてもへっちゃらな着物と帯で 雨の日を楽しんでくださいね♪

こちらの商品は
アンティーク着物 きなこにて展示&販売中です。


スポンサーサイト
2013/06/20(Thu) | WORKS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/226-989f6079
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。