スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インドで着物そして足回り





浴衣の季節から袷に羽織/ストールもほしくなる位デリーは寒いです。
洋服では、早々に革ジャンにブーツです。風邪っぴきです。

と そんな中、訪問着級のお着物を着る機会が発生しまして。

でもって、足回り商品の商いをしておりながら
自分の履物はヘビーユーズなボロッボロの下駄のみしかなくて
インドに持ってきた数少ない商品の履物は、お着物と色が合わず…泣 

これからインドで生活が始まるマダムの皆様へ
そしてうっかりにもほどがある残念なワタシへの覚書

インドで着物を着る機会、大きく2つにわかれると思います。
①お祭りやイベント、軽いパーティで着るカジュアル着物 :浴衣・透けてない単着物
②ホテルやオフィシャルな場所、パーティで着る[角の高いお着物]:
 袷、やわらかもの、訪問着 

①で着る着物は浴衣や単(ひとえ:裏地なし)の着物が殆どだと思います。
暑い季節やカジュアルの度合いでは、半幅を合わせたり。
単の着物は浴衣よりもキチンと着物に近しいので長襦袢があると安心。
さて、そんな時に合わせる履物は

tpo3
























2枚歯の下駄はカジュアルでスニーカーに相当するかんじ。
お祭り・浴衣のシチュエーションにあいますよ。
長く愛用したいお気に入りであれば、必ず歯にゴム底をつけましょう。
(下駄屋さんにご相談を。会話力があればインドの靴修理屋でもイケます)

さてお次の下駄:

tpo2




















カジュアルとフォーマルの中間位。靴でいえばパンプスレベルかなぁ。
単の着物・袷には足袋をはいて、配色次第で浴衣ではだし履きもありだと思います。

そしてそして、
②フォーマル対応の下駄:

tpo1




















画像の下駄は「舟形」という舟のような形をしています。
最初の2つとは異なって歯だったりヒールのようなくりぬきがありません。
ガチなフォーマルに合わせる「草履」の部類に近しいデザインです。
ちゃんとゴム底を貼れば、ホテルでもお堅い場所でも使えます、が…

どんなにフォーマルデザインに近しかろーが 下 駄 は 下 駄 。
「草履」に比べると格式が低くカジュアル枠なんです。

じゃぁ格式の高い草履って何よって話ですが:
tpo4




















下駄は木を塗装して作られています。
草履は革・合皮・布・畳/イグサ織りしたもので履物の芯をくるんだもの。
付け下げ・訪問着・振袖などの晴れ着にあわせる履物です。
こいつは浴衣やカジュアル着物とはちょっとあわないかな…。

半分おどし状態ですみませんが…

5つ星級のホテルや格式のある集まりでは
着物を召される参加者や親日外国人の中に
目が肥えてらっしゃる "通の方”もいらっしゃるのと
日本人参加者が少ないと、勝手に日本代表になってしまう故、
フォーマル着に下駄はくれぐれも控えましょうね…(体験談デス)


と長くなりましたが、
歯の下駄だけ用意していたワタシはうっかり者だったということさっ

毎度困った時の駆け込み寺のおねえたまの御宅から草履を拝借してまいりやした。
アリガトウゴザイマス、アリガトウゴザイマスぅぅ><;


次回の里帰りで「お草履」を持ってきましょうかね。

スポンサーサイト
2013/11/12(Tue) | INDIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://karoashi.blog54.fc2.com/tb.php/242-e419be12
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。